サービス利用規約

サービスご利用の際に適用されます

Trans Plus サービス利用規約


第1条(総則)
1. この利用規約は、トランス・プラス合資会社(以下、「当社」)がインターネット上で提供するすべてのサービスの利用に関して定めるものです。お客様(以下、「利用者」)が所定の登録手続きを行った時点、またはサービスの利用を申し込まれた時点で、本規約の内容に同意されたものとします。
2. 当社が別途規定する諸規定は、本規約の一部を構成するものとします。
3. 当社は、予告なく、本規約の一部または全部を変更することができます。その場合、料金およびその他のサービスの提供条件は、変更後の本規約によります。

第2条(サービスの種類および内容)
1. サービスの種類およびその内容は、当社より別途公表ないし通知することとします。
2. 利用者は、サービスを随時注文できるものとしますが、当社の受付時間および納期については、別途公表ないし通知するとおりとします。
3.  利用者は、事前の通知なしに、所定の提供時間内、もしくは所定の納期までにサービスが提供されない場合があることを承諾するものとします。
4. 当社は、利用者が行った業務依頼につき不適当と判断した場合は、利用者の承諾を得ることなく、依頼の承諾前、承諾後を問わずいつでも業務の遂行を拒否できるものとします。

第3条(利用料金等)
1. サービスの利用料金および料金の計算・支払・請求方法は、当社より別途公表ないし通知することとします。
2. 当社は、サービス料金の価格を変更する際、利用者に事前の通知を行うことなく改定することができるものとします。また、利用者は、自らの責任において、価格の変更通知を確認する義務を有し、価格の変更後、利用者が本サービスを利用した場合、理由の如何を問わず、変更後の価格に同意したものとします。
3. 利用料金の決済について、利用者と当社との間に生じる問題を理由として利用者が支払を拒む場合には、当該紛争期間中は利用者へのサービス提供が行われないものとします。

第4条(利用者の支払義務)
1. 利用者は、サービスの利用において、別途当社が定めた料金を所定の方法で支払うものとします。
2. 利用者は、当社の定める期日までに所定の方法で料金の支払いを行わなかった場合、所定のサービスが受けられなくなることを承諾するものとします。
3. 利用者は、利用者の所属する事業者を代金の請求先としてサービスを利用した場合、事業者の支払遅延や不払いが生じた際には、事業者に代わって当社に対する債務を履行する責を負うものとします。

第5条(プライバシー保護)
1. 当社は、利用者がサービスを利用する過程において当社が知り得たプライバシー及び個人情報に関し、以下に該当する場合を除き、利用者がサービスを利用している期間中、期間後を問わずいかなる時もこれらの情報を第三者に開示しないものとします。
(1) 当社の要請により、利用者が特定の情報の開示について同意している場合。
(2) 当社が、サービスの利用動向を把握する目的で収集した、利用者が個別に特定できないレビュー等の情報を開示する場合。
(3) 法令により開示が求められた場合。
(4) サービスを介して、利用者が当社の提携する業者の商品またはサービスを注文した際、限定個人情報を当該業者に対して開示する場合。
2. 当社は、利用契約が解除された時点で、サービスに係わって入手した利用者の資料や情報を破棄するものとします。ただし、利用者の支払関連その他当社が保持する必要があると判断した情報については、この限りではないものとします。
3. 利用者は、当社が本サービスを提供するにあたって採用する、利用者情報、通信内容等の漏洩・改ざん防止策ならびにセキュリティーにつき、当社が適宜設定し、提供時点で提供可能な内容であることを承諾するものとします。

第6条(通知および同意の方法)
1. 当社が行う利用者への通知は、Eメール、ウェブサイト上での一般掲示、または、その他当社が別途指定する方法によるものとします。
2. 前項の通知がEメールで行われる場合、当社が利用者のEメールアドレスを保有するサーバーにEメールを発信した時点をもって、利用者への通知が成立したものとします。
3. 第1項の通知がウェブサイト上での一般掲示により行われる場合、当該通知がウェブサイト上に掲示され、利用者がウェブサイトにアクセスすることで当該通知を閲覧することが可能となった時点をもって、利用者への通知が成立したものとします。
4. 当社は、上記いずれかの方法により利用者に通知を行った場合、通知日より30日が経過した時点、あるいは、通知後30日以内に利用者がサービスを利用した場合はその時点をもって、当該通知の内容について利用者の同意を得たものとみなします。

第7条(業務依頼の取消し、払い戻し)
利用者のサービス利用に際し、当社の承諾後における利用者からの業務依頼の取消し、ならびに利用料金の払い戻しについては、理由の如何を問わず一切できないものとします。

第8条(サービス利用に関する免責)
1. 当社は、利用者がサービスを利用することにより、または、利用できなかったことにより発生した一切の損害について、いかなる責任も負わないものとします。
2. 利用者がサービスを利用することにより、または、利用できなかったことにより他の利用者または第三者に対して損害を与えた場合には、当該利用者の自己の責任と費用において解決していただき、当社には、一切迷惑を与えないものとします。これには、通信機器等の故障によるサービスの誤配・遅配や送信の失敗等により発生する損害や利用者の通信に関わる設定ミスによって発生する損害等も、利用者の故意過失に関わらず含まれます。
3. 当社は、利用者の了解を得ることなく、都合によりサービスを廃止する場合があります。

第9条(サービス提供の中断および停止に関する免責)
1. 当社は、以下に該当する場合には、利用者に事前に連絡することなく、サービスの提供を中断もしくは停止する場合があります。
(1) 突発的なシステムの故障等が発生した場合。
(2) システムの保守を定期的または緊急に行う場合。
(3) 戦争、暴動、騒乱、労働争議、地震、噴火、洪水、津波、火災、停電その他の非常事態により、サービスの提供ができなくなった場合。
(4) その他、当社が、本サービスの運営上、一時的な中断が必要と判断した場合。
2. 当社は、利用者または第三者がサービスの中断および停止によって被った如何なる損害についても、理由の如何に関わらず、一切の責任を負わないものとします。

第10条(損害賠償)
1.  当社は、当社の責に帰すべき事由により、本規約に基づく債務を履行しなかった場合、当該不履行により利用者に現実に発生した損害につき、本規約で特に定める場合を除き、当該損害の直接の原因となったサービス利用料金相当額を限度として賠償責任を負うものとします。但し、当社の責に帰すことが出来ない事由から生じた損害や、当社の予見の有無を問わず特別の事情から生じた損害、逸失利益については一切の賠償責任を負わないものとします。
2. 利用者が本規約に反した行為、または不正もしくは違法な行為によって当社に損害を与えた場合、当社は当該利用者に対して相応の損害賠償の請求を行うことができるものとします。

第11条(知的所有権)
1. 本サービスを構成するテキスト、ファイル、プログラム、ソフトウェア、サービス、手続き、商標、商号等の知的所有権は、特に記載がある場合を除き、全て当社に帰属するものとします。
2. サービスの利用を通じて利用者が第三者の著作物および創作物の違法な公表ならびに複製、変更、翻訳または翻訳等の権利侵害を行った場合、利用者自身に責任が帰属し、当社は一切の責任を負わないものとします。

第12条(延滞利息)
1. 利用者が利用料その他の債務を支払期日を過ぎてもなお履行しない場合、利用者は、当社が定める支払期日の翌日から支払の日の前日までの日数に、年12%の割合で計算される金額を延滞利息として、利用料金その他の債務と一括して、当社が指定した日までに指定する方法で支払うものとします。
2. 前項支払に必要な振り込み手数料その他の費用は、全て利用者の負担とします。

第13条(準拠法)
本規約の成立、効力、履行および解釈に関しては、強行法規も含めて日本法が適用されるものとします。

第14条(管轄裁判所)
1. サービスに関連して利用者と当社との間で問題が生じた場合には、本契約当事者双方で誠意をもって協議するものとします。
2. 協議によっても解決せず、本契約から生じる紛争を裁判によって解決する場合には、福岡地方裁判所を第一審の専属管轄裁判所とすることに合意するものとします。

付則 本規約は2001年12月12日よりすべての利用者に適用されます。 

トランス・プラスは1998年の開業以来20年以上に亘り、インターネット専業の翻訳会社として、全国の国公私立大学をはじめとする教育・研究機関の学術英語のニーズに即したサービスを提供しています。

営業時間のご案内

月-金: 9:00–18:00
土  : 9:00–16:00
日・祝: 定休      

・当日分受付は営業日の13:00まで
・土曜日は13:00以降納品のみ対応
・営業時間外は割増料金にて対応可

© 1998- Trans Plus L.P.